医院継承実例 03

金銭面などデリケートで微細な詰めが多い医院の継承。
お互いに人間的なことをよくわかっている
第三者が間に入ってくれたのでスムーズでした。

平成5年9月〜平成28年3月閉院【23年間】 三条市興野

平岩医院

院長 平岩 三雄 先生

医院を継続していくために私がやるべき最後の仕事、それが継承でした。

平岩医院

もともと65歳を節目に開業医としての仕事を終えようと思っていました。しかし、ただ辞めていくのでは患者さんに対して申し訳ないし失礼です。このクリニックが無くなれば、今いる患者さんをすべて済生会三条病院の泌尿器科に紹介するしかありませんから、なんとかクリニックを存続させたい。でも一代では出来ることに限界があります。私が辞めた後も、患者さんたちが安心して受診を続けられるようにすることが医師としての最後の努めと思い、後継者のことを考え始めていました。

医療は常に真剣勝負、ここは第一線の場。だから元気なうちに若い先生に引継ぎたい。

医院を継承するなら私自身も元気で早いうちがいい。なぜならば医療は常に真剣勝負、ここは第一線の場。趣味で診療を続けるわけではないのですから、手遅れにならないうちに、最良の診療ができる状態のまま若い先生に引き継ぎたいと、数年前から継承を真剣に考えるようになりました。

具体的に相手は誰か、ということまで決めていたわけではありませんでしたが、私としてはできれば三条の地域のことを熟知していて、診療内容も私と同じ泌尿器科・内科の先生に継いでもらうことを望んでいました。
結果的に継承していただくことになった渡辺竜助先生は、大学の後輩で同じ泌尿器科の教室の後輩。昔から知っていました。10年も前になりますが、いずれ継いでみる気はないか?と、それとなく話を持ちかけたこともありました。

医院の継承=契約なので、当事者同士が直接交渉するよりも
プロに仲介に入ってもらったほうが上手くいく。

平岩医院 継承を現実に考え始めていたある日、今回の継承で仲介役を務めてくれたクレアメディコの担当者が私を訪ねてきました。聞けば、県内で数多くの医院継承を手がけてきた実績があるとのことで、クレアメディコに相談することを決心しました。

ただ私としては医院継承というのは契約事ですから、よくわかっている第三者に間に入ってもらうのがスムーズに進むだろうと考えていました。金銭的な話だけでなく、デリケートで微細な詰めを要する問題について、当事者同士が直接交渉するのは難しいですからね。

また仲介役の人選についても同じこと。何でもかんでも私の方で決めてしまっては上手くいくものも上手くいかないものです。継承する側とされる側、どちらか一方が決めるのではなく、仲介役の人が双方と交渉しながら調整していくのが望ましい。その結果、双方ともこの仲介役に任せましょうと、そういう流れにできれば一番いい。そこが一番大事なところですね。

間に入ったクレアメディコが双方の気持ちを確認。私は渡辺先生を希望し、渡辺先生もやる気だということで現実的に話が動き出しました。

仲介役はこの人にお願いしよう、と双方合意で決めたのなら
全てお任せするのが得策です。

平岩医院

クレアメディコの担当者とは以前からお互いを良く知り人間関係もあったため信頼していました。
この人にお願いしようと決めたのなら、全てお任せするのが得策です。私の希望、気持ちを理解してもらいながら、私に代わって話をまとめてもらいました。

クレアメディコからの具体的な支援内容は、医院継承に関わるタイムスケジュールと内容の提案でした。何をいつからどのような方法でやるのか、という提案です。いつまでに何を決めるというポイントがあり、それをきちんと埋めていく作業でした。

クレアメディコの仲介で良かった点は、医院継承の契約というデリケートな交渉事がスムーズに進められたことです。

例えばお金の話をする時は、第三者がこの辺が妥当だろう、という提案をしてくれます。当事者同士でのお金の話は一切なし。直接、当事者同士がやると上手くいかないものです。金銭面がからんでくると、あまり細かいことは聞きにくいですし、遠慮も出てきてしまいます。第三者が入って話がまとまれば、財務のことでもどんな資料でもこちらが出せるものは全てお出しして協力しました。

地域の患者さんのために新たなスタートを切ることが出来ました。

私の方は渡すだけなのでこのままきれいに患者さんが減らないように、まさにこのままきれいに維持して地域の人のためにきれいに渡したい。と思っていたからとてもありがたい。

後を継いでくださる渡辺先生は、三条の病院に勤めていたし、病診連携でこの医院のことも患者さんのことも全部知っています。尚且つ同じ泌尿器科・内科の診療で病院では最先端の医療に携わっておられた。優秀な経歴、若さ、そして人柄とこれ以上ない最上の医師に継いでもらうことができました。仕事の内容に関して心配することも一切ありませんでした。継承をサポートしてくださったクレアメディコさんには心から感謝しています。

開業支援について、より詳しくご覧いただけます。

クレアメディコの特徴

クレアメディコの特長や開業までの流れ・その後などを詳しくご紹介しています。

医院継承

開業の一つの選択肢である「医院継承」について、詳しくご紹介しています。